成年後見(法定後見)を利用される際の支援制度

 

成年後見制度(法定後見)を利用される際に、費用や支援サービスを受けないと、

なかなか前に進んでいかないケースがあります。

この様な際に、行政機関や社会福祉機関等での支援制度・援助制度等の活用をされていかれることは、

とても有用になります。


伊丹市において活用させていただける窓口になります。

ご利用を検討される場合は、下記HP等を参照されて下さい。

 

 

 

〇 伊丹市福祉権利擁護センター  HP  

 

 社会福祉士・介護福祉士を主体としての相談窓口があります。(権利擁護相談窓口)

 また、成年後見制度の利用を検討される際に、

   『 福祉サービス利用援助事業 (日常生活自立支援事業) 』

 の利用の検討をされてみることは、大変有用かと思われます。

 

 

 

 

〇 伊丹市役所HP  地域生活支援 (1)相談支援

 

成年後見制度に関連する援助・支援事業が紹介されています。(以下、HPより抜粋させて頂いています。)

 

● 伊丹市成年後見制度利用支援事業

成年後見制度の利用対象者で、生活困窮者については、伊丹市より「申立てに必要な費用」「成年後見人等の報酬」の助成があります。

 

● 法人後見事業

適切な後見人等が得られない人に、伊丹市社会福祉事業団が法人として法定後見の後見人等候補者や任意後見人となる事業です。


● 福祉サービス利用援助事業(地域福祉権利擁護事業)

認知症高齢者・知的障がい者・精神障がい者など、判断能力に不安がある人が安心して日常生活を送れるよう生活支援員を派遣し、日常生活での金銭管理支援などを支援する(伊丹市の場合は利用料無料)事業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る