法テラス(費用立替制度のご案内)

ご本人さんやご家族の収入条件等について、ある一定条件を満たせば、法テラス制度を使わせて頂くことができます。具体的には、費用を立替えて頂く、分割払いの援助を頂く形になります。


相談費用につきましても、要件に該当されれば、相談費用は全額援助となるケースがあります。

援助していただいた費用は、原則的に返金する必要はありません。

 

法テラス制度の利用を検討される方につきましては、ご相談の際にお気軽に聞かれて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(*以下、法テラス・日本司法支援センターHPより抜粋させていただいています。

利用概要

 

法テラスは弁護士・司法書士報酬などを支払う余裕がないという方に対して、その費用を立て替える制度があります。無料の法律相談を受けた結果、弁護士・司法書士報酬等の援助(代理援助・書類作成援助)の要件を満たす場合には、費用立替制度を利用することができます。援助開始決定後、弁護士又は司法書士の選任手続きを行い、法テラスと案件を担当する弁護士又は司法書士と本人の三者間で所定の契約書を締結します。これにより、契約書記載の費用や着手金は、法テラスが弁護士又は司法書士に立て替え払いします。

利用にあたって

 

最初に無料の法律相談を受けてもらう必要があります。無料相談を受けた結果、援助が必要と判断された場合に、費用の立替制度(代理援助・書類作成援助)を受けることが出来ます。立替制度を受けるためには、無料法律相談の要件に加えて、新たに勝訴の見込みに関する項目が必要とされます。さらに、申告した内容を裏付ける書類を提出する必要もあります。

確認する要件

  • 資力基準を満たしていること
  • 勝訴の見込みがないとはいえないこと
  • 民事法律扶助の趣旨に適すること      

 

 

 

詳しくは、HP 「法テラス(日本司法支援センター)・費用立替について」 をご覧になって下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る